▼子供の症状一覧はこちら(ページ末へ)

「損傷」タグの記事一覧

子供の黄疸から考えられる病気

ここでは幼児期以降の子供の黄疸から考えられる病気を紹介します。乳児期の黄疸については、「赤ちゃんの黄疸から考え・・・

リンクについて

当サイトでは相互リンクを募集しております。特に同ジャンルの相互リンクは大歓迎です。 相互リンクをご希望の方は、・・・

子供のあざが消えないとき

子供のあざが消えないとき 打ち身などで内出血したときにできるあざ(痣)を、一般に青あざと言います。先天的なあざ・・・

子供のあざから考えられる病気

子供のあざから考えられる病気 あざ(痣)は、色素細胞の異常増殖や内出血によって現れる皮膚の変色のことです。医学・・・

子供の腹痛が続くとき

子供の腹痛が続くとき 子供の腹痛で、毎日あるいは数日置き、または周期が一定していなくても比較的頻繁に繰り返す痛・・・

子供の顔が赤いときに考えられる病気

子供の顔が赤いときに考えられる病気 子供の顔が赤いときに考えられる病気を紹介します。 伝染性紅斑(リンゴ病) ・・・

子供の舌が赤いときに考えられる病気

子供の舌が赤いときに考えられる病気 子供の舌が異常に赤いと感じたときに考えられる病気を紹介します。 川崎病 【・・・

子供の舌が白いときに考えられる病気

子供の舌が白いときに考えられる病気 子供の舌が白く見えるときと白い付着物があるときに考えられる病気を紹介します・・・

子供の打撲の対処法・手当て

子供の打撲の対処法・手当て 打撲(だぼく)とは、硬い物に体を打ち付けたり、物が体にぶつかったりすることです。そ・・・

子供のねんざの対処法・手当て

子供のねんざの対処法・手当て ねんざ(捻挫)は、関節が動かせる範囲を超えた動きをすることによって起こる損傷です・・・

子供のしもやけの対処法・手当て

子供のしもやけの対処法・手当て しもやけは冬に特有の季節病であり、寒さによって手足や顔面の皮膚が炎症を起こす皮・・・

子供の突き指の対処法・手当て

子供の突き指の対処法・手当て 子供が突き指になりやすいのは、野球やドッジボールでボールを受け損なったときや、転・・・

子供に傷跡が残ってしまったとき

子供に傷跡が残ってしまったとき ●切り傷・やけどの傷跡 子供に傷跡を残すケガで日常的に起こりやすいものとしては・・・

子供のカサカサした発疹(乾癬)

子供のカサカサした発疹(乾癬) 乾癬(かんせん)は、原因不明の皮膚疾患です。赤ちゃんから高齢者まで、年齢と性別・・・

子供が感電したときの対処法

子供が感電したときの対処法 好奇心旺盛な子供がコンセントに物を差し込んだり、抜け落ちそうな電源プラグの電極に触・・・

子供の動悸から考えられる病気

子供の動悸から考えられる病気 動悸とは、一般に「心臓がドキドキする」と言われる状態を指しますが、もちろん思春期・・・

子供の冬の下痢から考えられる病気

子供の冬の下痢から考えられる病気 子供が冬に下痢をする病気としては、「ロタウイルス感染症」・「ノロウイルス感染・・・

子供の肥満から考えられる病気

子供の肥満から考えられる病気 このページで紹介するのは、肥満によって起こる病気ではなく、肥満を症状のひとつとす・・・

子供の風邪症状が治らないとき考えられる病気

子供の風邪症状が治らないとき考えられる病気 風邪(普通感冒)の症状が続く期間は、通常、数日程度です。ここでは、・・・

子供の肌荒れから考えられる病気

子供の肌荒れから考えられる病気 人間の皮膚の表面を形成している角質層は、外界からの様々な刺激に対する防御壁の役・・・

子供の耳鳴りから考えられる病気

子供の耳鳴りから考えられる病気 耳鳴りは、音のまったくない状況であっても、「キーン」や「ジーン」という音を感じ・・・

子供の歯列矯正

子供の歯列矯正 子供の歯列矯正は、歯並びを良くして咬み合わせを正しくする治療です。子供の健康と将来にとってとて・・・

子供の反抗期

子供の反抗期 子供の反抗期には、一般に、第一次反抗期と第二次反抗期の二つの時期があるとされています。そして、第・・・

子供の目のけが

子供の目のけが 子供の目のけがは、幼児のときにもっとも多く発生し、成長とともに減少していく傾向があります。これ・・・

子供の顔のけが

子供の顔のけが 子供の顔にけがによる傷痕や変形、皮膚の異常が残ったときは、成長とともに精神的な苦痛の原因となる・・・

子供のストレス

子供のストレス 子供は、日々の生活の中で、絶えず何らかのストレスを感じています。ストレスとは、肉体や精神に“外・・・

子供の耳の出血から考えられる病気

子供の耳の出血から考えられる病気 子供がかかる耳の病気はたくさんありますが、外耳道から出血する病気はさほど多く・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ